都市ガス小売自由化はガス料金で比較しよう

都市ガス自由化で何が変わるの?

■「選べないガス」から「選べるガス」に変わります

これまで地域ガス事業者は準公共企業体として、国民にガスを安定的に届けるために「ガス事業法」によって独占を許され、代わりに供給と保安の義務を負う法的縛りがありました。この法律ではその地域唯一のガス会社しか選べませんでした。都市ガス自由化によってガス事業法の縛りが解かれ、ガス事業に新しく様々な会社が参入できるようになります。その結果消費者は「ガスを選べる」ようになります。

change-948020_640

■料金やサービス向上、商材のバリエーションが増えます

料金、サービスの違いでガス会社を選べるようになります。今までは、一社しかありせんでしたが、都市ガス自由化後は幾つかの会社の「料金やプラン」、「サービスの内容」を比べ、各家庭の都合に合った会社を選べるようになります。こうした競争の中でガス会社は顧客獲得、サービス向上、料金抑制など企業努力を重ね、これまでになかった新しいガスの商材バリエーションを増やして行くことができるようになります。

 

■ガスもガス管も変わりません

都市ガス自由化で色々な会社が参入すると、契約した会社のガスは今までと違うガスになるの?とか、そうなると別のガス管・器具に替えなくちゃならないの?という心配が出て来ます。ガスは一定の規格があり、その範囲で提供されるガスはどの会社でも同じです。また、ガス管はこれまでの地域ガス事業者が敷設した導管のまま、新しい会社が送託料金(使用料)を払って使わせてもらいますので、何も変わりません。

machine-495376_640

■じゃあ何が変わるの

都市ガス自由化のあと、新しく契約したガス会社にガス料金を支払うことになります。その契約書類と支払い先が変わるだけなのです。もちろん、今まで通りで良いという方は、そのまま契約を続ければ何も変わりません。都市ガス自由化で消費者は沢山のメリットを受けられますが、反面新規参入会社が、突然ガス事業から撤退したり、倒産するということもあり得ます。そうした不測の事態も心得ながら会社を選びましょう。

 

PAGETOP
Copyright © ガス料金比較サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.